SEO順位が上がらない9つの理由と正しいSEO対策とは?

「SEO対策をしているのに、ちっとも順位が上がらない!」
「キーワードを入れているのに1ページ目に上がってこない!」

などSEOについてお悩みではなないだろうか?筆者は、今まで「SEOが上がらない!」という企業の相談を複数受けてきたが、そのほとんどが「対策キーワードをページに散りばめただけ」というものだった。

現在のSEOは、単に対策キーワードをページに散りばめたり、外部リンクを貼るようなSEO施策は全く通用しない。なぜならGoogleは「ページランク」という考えを撤廃し、コンテンツそのものを評価するようになってきたからだ。

例えば「SEO業者」と検索した時に、単にSEO業者を紹介するページではなく、正しいSEO業者の選び方や注意点や適切な費用まで、わかるページで「SEO業者」と検索してきたユーザーが正しい選択ができるようになるコンテンツでなければならないからだ。

本日はSEO順位があがらない理由を解説するとともに、正しいSEO施策が行えるように、具体例を交えながら詳しく解説する。この記事を読んでもらえば、SEOを独力で1ページ目にすることも可能になるから、最後まで、読んで欲しい。

SEO対策が正しく行われた順位の上がり方とは?

下記は月間平均検索数「250」のスモールキーワードの事例、SEO順位の推移を現したグラフだ。

◆適切な施策をしたSEO順位の上がり方(新規ドメイン)

このように、現在のSEO施策はすぐにに成果が出るようなものではなく中・長期的での施策となるため、1位を獲得するために11ヶ月かかっている。しかし、正しいSEO施策を行っているため、確実に上位表示を達成している例だ。

では、このような結果を出せないことにどのような原因があるのだろうか?よくあるSEOの失敗事例をもとに、SEOの上がらない9つの理由をひとつずつ解説する。

理由①競合サイトよりもユーザーニーズを満たせていない

自社のSEO状況を見る前に、現在SEOの1位~10位のサイトをじっくり見てみよう。もしあなたのサイトが、狙っているキーワードで10以内に入っていないとすれば、競合サイトより「ユーザーニーズ」を満たせているだろうか?

単純に文字数のことではない。ユーザーの多様なニーズを十分に満たせているかどうかだ。例えば「ビジネスメール」と検索したユーザーがいるとする。

「ビジネスメール」というキーワードには多様なニーズが存在する。下記のGoogleの検索ボックスに表示されるサジェストキーワードのスクリーンショットだ。

◆キーワード「ビジネスメール」のサジェストの例

上記の赤い四角の中を見ると「ビジネスメール」というキーワードは多様なニーズがあることがわかる。もしあなたのサイトが「ビジネスメールの挨拶」などビジネスメールのごく一部の内容についてのみコンテンツを作っても、ビジネスメールで10位以内に入るのは困難だ。

ユーザーのニーズは一つだけではない。多様なニーズに対応したコンテンツを作らなくてはならない。ユーザーのニーズをひろうのに役に立つのが「Googleサジェスト」だ。サジェストの一覧は無料ツールで取得することができる。筆者が下記の推薦するのは「goodKeyword」だ。

◆無料のサジェスト抽出ツール「goodKeyword」

URL:https://goodkeyword.net/

このキーワードを使えば、下記のようにサジェストキーワードの一覧を抽出することが可能だ。ちなみにGoogleだけでなく、Bingのサジェストキーワードも出てくるから参考にしよう。

これらのサジェストキーワードで見出し(H2)を作って、見出しごとにコンテンツの多様なニーズに対応し、情報量を増やして行こう。あまりに情報が多くなる場合は、ペースを複数に分けても良いが、必ず「ビジネスメール」というカテゴリーを作るようにしよう。

そうすれば、「ページ」と「カテゴリー」のどちらかでSEOの上位表示が可能だからだ。

理由②タイトル(Title)タグにキーワードが入っていない

SEOにおいてコンテンツの質は最重要だが、それと同じくらい重要なのがTitleタグだ。まずSEO初心者のために解説するがTitleタグとは、検索結果の下記の赤い部分の表示ことだ。

◆「SEO業者」と検索して1位のコンテンツ

この例は筆者が別のブログで書いた「SEO業者」というキーワードで1位のブログだが、タイトルタグにしっかり「SEO業者」というキーワードが入っていることがわかる。このように上位表示を狙うキーワードに対しては、必ずターゲットキーワードを入れないくてはいけない。

なぜならタイトルタグに「ターゲットキーワード」が入っていないと、検索エンジンが「このコンテンツは何に向かって書かれているか?」が認識しづらいため、上位表示しづらくなるのだ。

また、キーワードは必ず32文字以内に含めるようにしよう。32文字以降にキーワードを含めると、表示されないことがあるからだ。キーワードを前の方にいれた方が良いか?という質問を受けるが、32文字以内ならば問題はない。それよりもタイトルが思わず「クリックしたくなるか?」という方が重要だ。

タイトルのつけ方については、ここでは解説しないがタイトルタグのつけ方については、下記の記事を読んで欲しい。

数字で証明!5倍以上のクリック率を叩き出した「タイトルのつけ方」

理由③対策キーワードのニーズとコンテンツ内容がずれている

そもそも検索しているユーザーが求めるものと、コンテンツの内容が異なれば、絶対に上位表示は無理だ。例えば、「SEO業者」というキーワードで上位表示をしたい場合に、自社のSEOツールの宣伝をしたいからといって、ツールのことばかり書いたらどうなるだろうか?

ユーザーが検索したキーワードは「SEO業者」だ。ユーザーの求める答えは

◆SEO業者と検索するユーザーのニーズ

・有名なSEO業者を知りたい
・SEO業者の手法を知りたい
・SEO業者に騙されたくない

といったところがニーズの中心になるはずだ。しかし、自社サービスの「SEOツール」の使い方を詳細に書いたコンテンツが、SEO業者というキーワードで上位表示は可能だろうか?それは無理だ。なぜならニーズがずれているからだ。

このように、せっかく作ったコンテンツも上表示されなくては意味がない。このような”ズレ”が生じる原因はユーザーニーズを考えずに、自社サービスありきで考えるからだ。

コンテンツを作る前に「キーワード」を調査し、ユーザーがどのような立場に置かれているのか?なぜ「SEO業者」と検索したのかを考える必要がある。コンテンツを作る前に下記のペルソナを考えてみよう。

・ユーザーの年齢や所属などのデモグラフィック
・〇〇と検索するにいたったユーザーの悩みとは?
・ユーザーの悩みを解決するコンテンツとは?

理由④サイト内に重複する似たようなコンテンツが複数ある

メディアを運営する企業によくある事象だが、サイト内に似たようなページが複数あると、Googleからの評価が受けづらい状況になる。例えば、一つのサイトに下記のようなコンテンツがあった

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です